今日の白布を覗く施設のご案内
温泉散策
少し昔の白布温泉へ
四季を覗く
2009紅葉情報
白布小唄を聞く
道路情報
白布温泉を動画で見る
リンク集

白布温泉 湯めぐりクーポン

かもしかやショップへ


白布温泉の由来
白布の名の由来は先住民語で「霧氷のできる場所=シラブ」という意味からつきましたが 遠い昔病いに侵された白い斑点の鷹が 湧きでる豊富な湯につかりみるみる病いを治したことから「白い斑点の鷹の湯」で『白斑鷹湯』。6Km下にある「大白部」「小白部」の部落の呼称に合わせて『白部高湯』。
        ※大白布」「小白布」の「布」の字は『部』を使った時代があった。
山の峰々が白い霧で覆われる光景が多いことから『白峯高湯』。湧き出る温泉の湯花が布を流したように見えたところから『白布高湯』などとその時代その時代で呼び名を変えました。
 白布高湯温泉は古くから福島の信夫高湯、山形の最上高揚(蔵王温泉)とともに奥州三高湯の一つに数えられ昔から『三湯湯治』と呼ばれて「三温泉全部に宿泊すれば100年長生きできる」と言われて賑わいました。
 
泉 質
含イオウ・カルシウム・硫酸塩温泉(石膏泉) 【旧名・含石膏硫化水素泉)
 
適 応 症
動脈硬化症 慢性皮膚病 慢性婦人病 糖尿病 高血圧症 神経病 筋肉痛 関節病 
五十肩 関節こわばり 痔疾 うちみ くじき 慢性消化気病 冷え性 切り傷 火傷  
疲労回復 病後回復期

         

弘化三年(1846)当時の白布温泉のパンフレットを是非ご覧下さい。 
(160年前のパンフレット)

 


               

     白布高湯温泉歴史略記              上杉火種塾講話資料(宍戸 康裕氏)
開 湯
 
 正 和 元 年  (1312) 開祖 佐藤宗純住す                米沢藩主長井貞秀(5代)
      3 年 宗純妻山中にて再会 薬師堂建立 湯治場開く
 正 平 年間 (1346〜1348)

遠藤某 住す
宗純死去
領主より湯守を命ぜらる
        総湯司 佐藤惣門
        湯 守  遠藤 某

 康 安 2 年  (1362)

惣門死去
領主の命により惣門の後を宍戸惣蔵が継ぐ
領主公認の湯役所となる

 貞 治 3 年  (1364) 宗純妻死去
 天 授 6 年  (1380) 長井氏滅ぶ 伊達氏の領となる
 伊達氏時代 (1380〜1590)

時に家臣の入浴あり
言い伝えによると 輝宗公 政宗公代に殿の入浴あり

 蒲生氏時代 (1590〜1598)  
 上 杉 氏 時 代
 
  慶 長 3 年 (1598) 上杉氏会津を領し
当地を直江山城守領す
       6 年 (1601) 上杉氏 米沢三十万石領主となる
       8 年 (1603) 湯の平から現在の場所へ住を移る
       9 年 (1604) 白布高湯にて鉄砲製造始む
  元 和 元 年 (1615) 大阪の合戦終決 白布高湯にて鉄砲製造終了
  寛 永 20年 (1642) 宍戸家湯役金免除

  延 宝 2 年 (1674)
       6 年 (1678)

両年白布高湯大洪水
    (この時期 湯宿三戸となる)

  延 宝 6 年 関三ヶ村及び李山村の山境決定
  宝 永 5 年 (1708) 御森林山の民間委託
  正 徳 5 年 (1715) 白布高湯 李山村から分かれ 関村新地となる 戸数3戸
  宝 暦 3 年 (1753) 白布高湯火災 湯宿三軒焼失
  寛 政 2 年 (1790) 鷹山公ご入浴 自筆の日記をしるす
  文 政 11年 (1828) 白布高湯火災 湯宿三軒焼失
  慶 応 3 年 (1867)  藩境警備を行う
       4 年 (1868) 鉄砲台木千挺分作り藩に忠信
  明 治 9 年 温泉法 三旅館許可を得る
      34 年 現在の湯滝風呂に
  昭 和 2 年 吾妻神社