ここはまるで時が止まった世界 ..... 疲れた心を癒します
心の桃源郷・白布温泉
 
都会で風を感じたら    
     思い出してください
少し前の白布温泉へ私と一緒に出かけてみませんか・・

「白布大火」平成12年3月25日午後5時頃出火し中屋本館と東屋旅館が全焼しました。開湯688年目の春でした。
 
過去に2回の火災があり2回とも三軒の旅館を焼した歴史がありましたが、その火災はおおよそ二百年前のことであり。 今回失った2軒の建物は正しく重要文化財に匹敵するものでありました。
 3軒が軒を並べる景観は全国の多くの人に愛されてきましたが、今となっては過去のものとなってしまいました。現在まで白布温泉をこよなく愛してくださった皆様に心から感謝を申し上げますと共に、これまで以上のご愛顧をお願い申し上げます。
 私が生まれ育った白布温泉をこのページをとおし懐古するだけでなく、新たな始まりのページにして行きたいという思いです。
                                  平成14年9月


みなさまに愛されてきた風景(11年7月撮影)


初冬の白布(12年11月初雪の朝)
何気なく撮ったこの写真が最後になってしまった、もっともっと私をやさしく包んでくれた
この空間の記録を残しておけばよかった。

吾妻の山々や大気のように不変のもの・・・・と錯覚していた自分自身
吾妻の山々も自然もけして不変のものではない・・・我々が守ってゆかなければならない
いや、我々が生かされていることを決して忘れてはならない・・・・

今、白布の谷間に流れる風も、ゆっくりと流れる時も何一つ変わらない
大きな自然は今も我々をやさしく包んでいる

大きく深呼吸してもう少し懐古の旅の続きをしてみよう・・・・・
 

                


入母屋造りの旧東屋

 

 

        

 

 

         

 

 

 

ここはまるで時間(とき)が止まったかのよう・・・・・・

目を閉じるとあの頃の白布へ戻ってゆく・・・




 

 




 

            

 

今の白布温泉を見に行く    

    もっと昔の白布温泉を見に行く